雑色で腰痛や女性特有の症状が改善できると評判の整体

アリスボディーバランス整体院


腰痛の基本について

腰が痛いのには、大きく分けて3種類あります。

alice_02_02.png
一つ目の原因は、「骨格のズレ、圧迫骨折、ヘルニアや狭窄症」など、骨自身、関節が原因です。
二つ目の原因は、筋肉の緊張、萎縮、石灰化など筋肉、腱、靭帯、関節胞、筋膜などが原因です。
三つ目の原因は、神経の緊張や神経伝達の悪さが原因になります。

一つ目~三つ目はお互いに干渉し合っています。
殆どの方はこの三つの複合で痛みを感じていますので、どれか一つを調整しても直ぐにまたぶり返してしまいます。
本来は痛みを出さないように全てを調整する必要があります。

「骨格のズレ」って何?

zensin_none.png

当院が考える「骨格のズレ」は、東洋医学、カイロプラクティカル、見た目のズレを示していますので、西洋医学(病院)では問題が無いと判断されることがあります。

TVや雑誌、他の治療院では、「骨盤はカラダの土台」と言ってますが、一軒屋なら土台だけ直せば良いのですが、人間には足があり超高層ビルと同じで、骨盤は途中の階になります。
途中の階ををいくら修正しても、下の階を調整しない限りまた崩れてきます。
 
だから、「足を組むな!」「お嬢さん座り、お姉さん座りをするな!」と、いわれるのです。
asikubi_01_02.png 座り方だけでも気をつける事でかなり歪みはなくなりますが、それでも私たちは生活パターンが決まってしまっていますので、使う筋肉に偏りが出てきてしまいます。 道路も平らではなくて水はけを良くするためにカマボコ状態になっていますので、足首に負担が掛かりズレが出てきます。
 
足首がズレていれば膝でバランスを調整し、膝がズレていれば股関節で調整と、積み木を重ねているのと同じで、上にいけば行くほど少しずつズレが大きくなります。
 
最終的のは、脳は目線が水平ならば首から下がどうなっていても良いわけです。
 
 

「筋肉の緊張、萎縮、石灰化」って何?

kinniku_01.png

関節がズレていたり、同じ生活パターンばかりだと筋肉はどうなってしまうのでしょうか!?
それは、使っている筋肉とあまり使わない筋肉とで差が出てきます。

使っている筋肉は常に緊張状態になり疲労が溜まっていき、そのままだと固く硬直してしまいます。
使わない筋肉には大事な栄養を回す必要がないので、段々とやせ細っていきます。この状態が萎縮です。

このアンバランスな筋肉で身体のバランスを何とか保とうとして、一部の筋肉ばかり頑張り疲労しすぎて痛みや辛さが発生します。
さらに年月が経つと、これ以上損傷しないように石灰化が始り伸びも縮むことも出来ない筋肉になります。

「神経の緊張や神経伝達の悪さ」って何?

sinnkei_02.png一般的な「神経の緊張」といえば、「ストレス」ですよね。「ストレス」による緊張は、正確に言えば交感神経が副交感神経より優位になっている状態のことをいいます。

施術家としていう「神経の緊張」とは、神経が伸びたり縮んだり出来ない状態のことを示します。
神経自身も筋肉と一緒で伸びたり縮んだりしないと、身体は動くことが出来ないからです。
神経自身が緊張して固くなるとその先にある組織に痺れや痛みや動きの悪さとして問題がでます。

もう一つが「神経伝達の悪さ」です。
意識して動かしたことのない場所は、脳との神経ネットワークが細くなっているために、動かそうと思ってもうまく信号が伝わらないから動かすことが出来ません。

骨折したことのある方は、ギブスを取った後にうまく動かせない経験ををお持ちだと思います。
入院した方は退院後に、思うように歩けなかったり、フラフラした経験がありますよね。

そうでない人では、肩を回して見てください。これは、出来ますよね。
次に、肩甲骨を意識して回してみてください。うまく回せませんよね。
当院でも良く教える運動方法ですが、肩甲骨を意識して肩を回す方法は分らない人が殆どで、これは、肩甲骨を意識したことがないからです。

この様な状態が「神経伝達の悪さ」なのです。反射能力も同じことになります。


 

アリスボディーバランス整体院のご案内

住      所:

〒144-0055
東京都大田区仲六郷1-41-12

アクセス:

京浜急行本線「雑色駅」徒歩5分

お問い合わせ・ご予約
03-6715-8176
営業時間:

平 日10:00~20:00(最終受付19:00)
土日祝10:00~18:00(最終受付17:00)
makabe8176@alicebodybalance.com

休業日:
火曜・年末年始・その他有り

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ